mizdra's blog

ぽよぐらみんぐ

第三世代用ポケモン図鑑npmモジュールがv2.0.0になりました

すいません。本当はv2.0.0ではなくv1.1.0にするつもりでしたが間違えました。

前バージョンであるv1.0.0からv2.0.0に更新しました。
これにてv1系のサポートは終了とさせて頂きます。

www.npmjs.com

更新方法

@2.0.0でバージョンを指定してpackage.jsonでのバージョン範囲設定を無視して更新

npm install --save @mizdra/gen3-jpn-pokedex@2.0.0

仕様変更

PokeData.abilitiesプロパティの配列長の変更

PokeData.abilitiesプロパティの配列長が2固定では無くなりました。
特性1しかないものはPokeData.abilitiesプロパティの配列長が1になります。

変更前

let poke = pokedex.find(poke => poke.name === 'フシキダネ');
console.log(poke.abilities); // => ['しんりょく', 'しんりょく']

変更後

let poke = pokedex.find(poke => poke.name === 'フシキダネ');
console.log(poke.abilities); // => ['しんりょく']

タマゴの削除

タマゴ(PokeData.id: 0)を削除しました。
フシギダネPokeData.id: 1のままです。

機能追加

PokeData.heightプロパティの追加

高さを表します。
図鑑の表示から10倍した整数値を格納しています。

PokeData.weightプロパティの追加

高さを表します。
図鑑の表示から10倍した整数値を格納しています。

PokeData.typesプロパティの追加

タイプを表します。
['タイプ1', 'タイプ2']の順で格納されています。
タイプが1つのポケモンは配列長が1となります。

PokeData.catchRateプロパティの追加

捕獲率を表します。
整数値として格納しています。

あとがき

乱数ツールに必要な情報は一通り揃ったと思います。
欲しい機能が思いつかない限りは間違いを見つけたら修正、という形での更新になるかもしれません。